洗濯物のいや~な臭い、どうして?

衣服やタオルはどうして臭いの?

服やタオルの不快な臭いというのは、誰でも一度は感じたことがあるのではないでしょうか? 臭いを発するのは、洗濯で取れなかった汚れが衣服に残り、そこからカビなどの雑菌が繁殖してしまうからです。

また、それ以外にも生乾きが原因だったり、落としきれずに布に残ってしまった場合にも臭いを発することがあります。 このように臭いがついてしまう原因は、大きく分けて二つあります。 ひとつは、衣類に付いた汗や汚れが一度の洗濯では取れずに残ってしまうことです。

そしてもう一つは洗濯機自体が汚れており、それが衣服やタオルに移ることで悪臭が発生する場合です。 衣服も洗濯機も、使用していくうちにどうしても汚れが蓄積していくものです。

実は衣類やタオルは、普通に洗うだけでは十分に落としきれず汚れが残ってしまい、それが回数を重ねることで洗い残しが蓄積してしまうためどうしても臭いが出てしまうことが多いのです。

洗濯機も定期的に洗浄しないと汚れや衣服の繊維などが溜まって雑菌の巣窟と化し、洗濯をするたびにむしろ衣服に汚れをつける原因になってしまいます。

悪臭の原因である“雑菌”の繁殖を防ぎ、清潔にしておくことが悪臭を絶つ一番の近道と言えるでしょう。

衣服の臭いをなくすためには

洗濯物の臭いをなくすには、臭いの原因を絶つ必要があります。 つまり、洗い残しが蓄積してしまい通常の洗濯では落ちていないものを落とすことと、洗濯槽を清潔にすることが必要になります。

どちらか一方でも悪いと悪臭を絶つことはできませんので、どちらもしっかり手入れをして臭いを無くしていきましょう。 まず洗濯槽ですが、こちら専用の洗剤がありますので、そちらを使用して定期的に洗浄することで清潔さを保つ事ができます。

また、自宅にあるもの行う場合は、お酢や重曹を加えて洗濯機を回す方法もあります。 お酢や重曹を使用する方法は、洗濯機だけではなく衣服等に残りやすい洗剤を落としやすくしてくれる効果もあり、すすぎ時に少量加えることで効果が期待できます。

また、汚洗い残し重点を置くのも良いですが、もう一つの方法としてアイロンを活用するのも悪臭を抑えるのに役立ちます。

生乾きの状態から臭いを発生し始め、乾燥が足りないとそのまま悪臭の原因になります。 なのでアイロンをあててしっかり乾かすことで悪臭を抑える効果があります。

また、アイロンによる高温を利用して殺菌を行うことで臭いの原因を絶つこともできますので、アイロンを使用できる衣服にはなるべく使用してみてはいかがでしょうか?